金銭問題 専業主婦 共働き

MENU

お金の管理はどうやっているの?

気になる専業主婦世帯のお金の管理。夫が稼いできたお金は、一体どのように管理しているのでしょうか?

 

専業主婦がいる家庭では、家計管理は夫がやっている…なんてことも珍しくありません。妻には生活費として月に決まった金額のお金を渡し、そのお金で食費や幼稚園などの学費、交際費、レジャー費などをやりくり。夫が持っているお金は、住居費や光熱費といった決まったお金の引き落としにあて、残ったお金は貯金といった形をとるのが一般的なようです。働いていないといった気持ちから、専業主婦の方には「むやみにお金を使っては申し訳ない」という気持ちが強い人が多く、無駄遣いをする事も少ないです。

 

これは、共働きの人とは大きく異なるところかもしれません。どうしても欲しいものややりたいことがある場合などは、子供が幼稚園に行っている間に短いパートに出たり、家族に負担をかけないように配慮しているのも特徴としてみられます。

 

とはいえ、妻ががっちりすべてのお金を管理している家庭もあります。その場合、夫は貯金額などを知らないことが多く、しっかりとされていれば問題はないのですが、されていなかった場合は大変な修羅場となるようです。

 

「うちには一体いくらの貯蓄ができているのか…」妻にお金をすべて任せている夫は、少なからずもそう不安を感じる事もあるようです。また、これは共働き夫婦でも同じこと。奥さんががっちりと握っている、もしくは夫婦それぞれに生活に必要なお金を出し、それ以外は好きにする…なんてパターンでは不安もあることでしょう。お金を自由にやりくりできるのはいいけれども、夫婦合算でいくらあるのか把握しにくい為、老後の生活が不安になってしまうのです。


お小遣い制で家計を守る

専業主婦世帯も共働き世帯も、お金の管理の仕方によっては貯蓄が不明瞭になりやすいものに…。それは夫婦間においてトラブルをひきこす原因になってしまうこともあります。お金がまったく貯まらなくては大問題であり、老後の生活が困ったものになってしまいます。

 

こうした無用なトラブルを避けるためにも、夫婦間のお金は一つにして管理した方が適切です。専業主婦世帯でも共働き世帯でも、お小遣い制を導入することで貯金もしやすいものとなります。決められたお金以外は、夫婦の口座に…そうすることで、確実にお金が貯まっていくというのです。

 

お給料が入ったら、まずは貯蓄と光熱費や家賃などの必要経費を差し引きます。残ったお金をお小遣いとして分配。こうすることで、毎月決まったお金しか使えなくなくなりますが、心置きなく自由に使う事ができます。貯蓄分が他にあるとしっかりとわかっていると、それはそれで心が安心するのです。

 

同時に、家計全体を把握することにもなるので、使途不明金といった何に使ったのかわからないようなお金も自然と無くなります。夫婦会計が別だと、どんぶり勘定になってしまいがちです。それを防ぐためにも、きっちりと額を決めて使うようにしましょう。