金銭問題 専業主婦 共働き

MENU

専業主婦は家族の時間を充実させることができる

今は女性の社会進出が積極的におこなわれているだけあって、昔の様に「結婚したら退社する!」…いわゆる寿退社でもなくなってきています。それは男性の意識でも普通になってきており、「女性は家を守るのが仕事だ!」なんて必ずしも言わなくなってきています。どちらかというと、「自分の稼ぎだけでは心配だから、奥さんにも働いてもらった方が安心だ…」なんて考える男性が増えているのです。それだけ、経済的にも負担が大きくなってきているといえますし、不安定な世の中であるからといえます。

 

とはいえ、やはり「できれば奥さんには家にいてもらいたい」と思う男性はいますし、女性の方でも「母のように家庭を一番に守りたい」「子供が大きくなるまでそばにいたい」と思って専業主婦を選ぶこともあるでしょう。妻が仕事をしないで家にいると、男性としても安心です。
また、家庭生活に時間をかける事ができるので、居心地のよい住まいを作る事も難しくないでしょう。夫婦、そして子供がいる家族の時間を楽しむことができるのは、主婦だからこそといえます。共働き世帯では、専業主婦ほど充実した内容でおこなうことは、時間的にも無理です。

 

ただし、収入先は一つとなりますので、ある程度の節約は必要となります。働いている人よりかは時間を自由に使えますので、それはある意味とても贅沢なこと。その分、憧れや風潮だけではやっていくことはできませんので、ライフプランをよく考えるようにしましょう。


専業主婦時代にステップアップ

子供が小さいうちには専業主婦でもいいですが、大きくなったらまた仕事を始めるのもいいですね。子供の手が離れると時間がぽっかりと空いてしまって…何もすることがなくなってしまうこともあるのです。また、お金の事を考えても、これからどんどんお金がかかるようになるのですから、
そのための資金は貯めておきたいもの。家庭生活を充実させるのは、少しばかり手を抜いてもいい頃合ともいえます。できれば、専業主婦時代に再就職のための勉強をしたり、資格をとるなどしてステップアップをしておくと、いざ働き出る時に有利となります。最近では、専業主婦時代に培った趣味で仕事を始める方も増えています。主婦でも気軽にトライできるような資格取得講座も多数でているようですから、なにか自分がやってみたいものがあったら、チャレンジしてみてもいいですね。

 

共働きとなると、仕事と家事の両方をそつなくこなすのは大変な事。専業主婦の時とは違い時間に追われる日々となり、慣れるまで大変です。子供が小さいとそこにかかる負担はもっと大きなものとなりますので、そういったこともあって、出産を機に仕事を辞める女性が多いのですが、子育てがひと段落すれば仕事もやりやすくなります。そのタイミングをみて、専業主婦を卒業するのも一つの方法となります。

 

ずっと専業主婦でいるのもいいですが、家計に少しでも不安がある人は、子供が落ち着いた頃を見計らって仕事を探すようにすると、将来的にも安心です。