金銭問題 専業主婦 共働き

MENU

家計への不安から、働く女性が増える

消費税がこれからも上がる事が予想されてはいるものの、お給料が上がる気配はまったくといったいいほどありません。「夫のお給料だけでは心配だわ…」なんて頭を悩ませる主婦の方も多いのではないでしょうか。そういった家計に対しての不安から、働きに出る女性も増えてきています。昔に比べて女性が主要な地位に就くことも珍しくなくなってきただけに、女性の社会進出がますます声高に叫ばれるようになってきているのです。

 

厚生労働省が数年前におこなった「国民生活基礎調査」では、日本の夫婦の数のうち、女性が専業主婦である夫婦世帯よりも共働きしている世帯の方が多い…という統計がでました。仕事にやりがいを感じて働いている女性もいるでしょうが、家計に危機感を覚えて働いている人も確実にいるわけです。これは、昭和の時代に比べると、はるかに大きな差となっているのではないでしょうか。


共働きは良いことだらけか?

共働き夫婦は経済的にも余裕がありそうですが、どういったところが専業主婦にとは異なるものとなるでしょうか。

 

まず、夫婦間での共働きでは各家庭によって異なるものの、会社の健康保険に加入すると老後にいい事があります。厚生年金を支払うことになるので、年収に応じた年金をもらう事ができるのです。ですから、年収が多ければ多いほど年金の額もあがります。夫だけでなく妻もそれなりの金額でのお給料を貰っていれば、より老後にもらえる年金は増えて、老後の家計も助かるものとなりますね。

 

また、収入が二人分あるわけですから、無駄遣いをしなければ家計もそう苦しくなることはないでしょう。子供がいれば共働きでもそれなりに苦しくなることもあるかもしれませんが、夫婦二人であればほとんどが余裕の家計となっていることでしょう。

 

この子供がいるかいないかで大きく家計が…それ以前に共働きできるかどうかにも関わってきます。働くには子供を見てもらうための保育園に入園しなければいけないのですが、最近では保育園が不足している状態で…待機児童が大きな問題となっているのです。それはつまり、働きたくても働けないかもしれない…なんてことも。

 

運よく入れたとしても、高額な保育料がかかりますし、子供が熱を出したら休まなくてはいけません。仕事と育児、そして家事と、かかる負担が増えるのですから、よほどうまくやっていくか見切りをつけてある程度は手抜きすることを覚えないと身が持ちません。しかも、子供と接する時間が減ってしまうといった側面もあります。

 

共働き夫婦は、金銭的にはそこまで不自由しないですが、かかる負担や子供との時間を考えると、一概に働くのがいい…とはいえないのです。


変わる専業主婦の状況

では次に専業主婦についてみていきましょう。共働き夫婦が増えている反面、専業主婦の家庭は減ってきてはいるものの、小さいお子さんがいる家庭ではまだ圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

専業主婦でいると、小さなお子さんがいる家庭では安心です。常にママがそばにいるのですから、子供もさびしい思いをしないで済むでしょう。夫としても常に家の事、そして子供の事を見てくれているのは安心です。それに、幼稚園では親が参加する行事が多いですから、それに対して出席するにも簡単です。

 

とはいえ、最近では配偶者控除も廃止される動きが強まっていますから、税金面でいうと負担が大きくなる可能性が高いと言えます。しかも、会社によっては家族手当や配偶者手当などが出ているところもあるようですが、それも最近では廃止する会社が増えてきているのです。何かと専業主婦にとって苦しい状況になってきているといえます。

 

働き手…つまりは収入は夫しかいませんから、役職が付いているような家庭であればそう厳しくないかもしれませんが、多くはそういった家庭ではありません。家計を預かり、節約を視野に入れながらの生活です。

 

ただし、経済的には苦しくても時間にはゆとりがあるので、いろんなことができるチャンスはあるといえます。子供が幼稚園に入れば、幼稚園に行っている間にショッピングや習い事を始める事もできます。また、今の団塊世代の子供には、母親のように専業主婦でありたい…といった憧れを持っている人もいるのです。


状況に応じて変えるのも必要

共働き夫婦であろうとも、専業主婦であろうとも、そこにメリットだけでなくデメリットも存在していることがわかります。妻も働きに出ていればいいというわけでもなく、小さいお子さんがいる場合は、専業主婦でいた方がいいこともあるのです。それは一概にはいえません。

 

どちらにしろ、家庭にあった家計管理をやっていかなくてはいけないということ。「あの夫婦はこうだから…」と、他の家の家計方法を真似ても意味がありません。自分たちにはどういった家計管理があっているのか…それを模索しながら、状況に応じて働いたり、専業主婦に戻ったりとするのもありなのです。子供の成長と共に家庭内の状況はめまぐるしく変わっていきますのが、あまり決めつけないようにするのも大事なのです。

 

 

内緒でお金を借りる


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴